Organize for beautiful place

同意する

事前に周囲の同意が必要

家族葬を選ぶ方が増えています。家族葬とは文字通り家族のみで執り行うお葬式のことです。元々はある葬儀社から始まった呼び方ですが、今では広く普及し、一般的な葬儀社の多くで取り扱われています。近年では特に注目を集めていることもあり、様々なプランや格安での葬儀も可能となっています。 この家族葬を行うには、生前からやっておくべきことがあります。それは、周囲の同意を得るということです。というのも、親戚の参列を遠慮してもらうことになるからです。本人・家族どちらが主体となってもよいのですが、必ず事前に了承を得ることが大切です。亡くなられた後は慌ただしくなりますし、お互い通常とは異なる精神状態であるケースも少なくありません。スムーズに進めるためにも事前の了承が肝心なのです。

家族に限定しないという方法も

家族葬にしたいという方の理由はそれぞれです。最期は家族だけで過ごしたい、ひっそりと送り出したいという方の場合もあるでしょう。もし親戚の同意が得られなかった場合は、故人のきょうだいにあたる方のみ参列していただくといった妥協案もあります。家族葬とはいえ、家族に明確な定義はありませんので、人数制限がクリアできれば近い親戚を同席させることも可能です。 経済的な理由で家族葬を選択されるというケースも増えています。こうした場合の妥協案としては、密葬という選択肢もあります。密葬とは、家族に加え、近い親戚や故人の親友などが会葬するお葬式です。葬儀社によって様々ですが、金額的には家族葬の次に安いプランであるケースがほとんどです。多少は金額があがりますが、参列者がいる分香典も入ります。そのため実質的な負担には大差がないというケースもあるのです。